Kindle Kindle ニュース その他

電子書籍リーダーに最適かも!ASUSが8インチタブレット「ZenPad 3 8.0」を9月16日に発売!

投稿日:

本日、ASUSの日本法人が7.9インチサイズの新型Androidタブレット端末「ZenPad 3 8.0」を9月16日に発売すると発表しました。

20160914 07

巷ではこの端末がLTE対応のSIMロックフリー端末でキャリアアグリゲーションに対応している点が注目されているようですが、”ききはこ”的にはこの端末こそAndroidタブレットにおける電子書籍リーダーの決定版ではないかと注目しています。

8インチ級タブレットといえば、つい先日Amazonの「Fire HD 8 タブレット」が発表されましたが、コスパ重視の端末であったためスペック的には今ひとつである感が拭えませんでした。

そんな折、以前よりZenPadシリーズで8インチタブレットを出し続けていたASUSが、その最新版である「ZenPad 3 8.0」を発表したということで、これはもう注目せずに入られません!

ここでは、そんな「ZenPad 3 8.0」を電子書籍リーダーの観点から見ていこうと思います。

 

 

「ZenPad 3 8.0」の基本スペック

 まずはZenPad 3 8.0のスペックをまとめてみました。今回は同じ7.9インチで4:3のアスペクト比を持つ端末、ということでiPad miniと比較してみました。

 

  ZenPad 3 8.0 iPad mini 4
本体サイズ 136.4(W)×205.4(D)×7.57(H)mm 134.8(W)×203.2(D)×6.1(H)mm
重量 320g 298g
画面サイズ 7.9インチ 7.9インチ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル (326ppi) 2,048 x 1,536ピクセル (326ppi)
CPU Snapdragon 650(6コア 1.8GHz) A8(2コア 1.5GHz)
GPU Adreno 510 M8
RAM 4GB 2GB
内蔵ストレージ 32GB 32GB・128GB
外部ストレージ microSDXC対応 非対応
バッテリー容量 4,680mAh 5,124mAh
OS Android 6.0.1(Marshmallow) iOS 10
価格 3万6,800円 4万2,800円〜5万2,800円

 

どうでしょう、このスペック!

比較対象であるiPad mini 4が2015年のモデルであるという点もありますが、8インチタブレットでは市場を独占状態であるiPad miniと比べても遜色ないスペックとなっています。

サイズや重量こそ及ばぬものの、 CPUやRAMの容量の優位性、そして外部ストレージ対応という点は素晴らしいですね。しかし、こうやって比較してみると厚さ6.1mmのiPad mini 4の方がバッテリー容量が多いってすごいですね。。。

とはいえ、8インチでしかも4:3のアスペクト比であるAndroidタブレットはなかなかないので、Android派であればこれはオススメです!

 

 

電子書籍との相性

端末のスペック的には申し分のない 「ZenPad 3 8.0」ですが、電子書籍リーダーとしてみた場合、何より嬉しいのがiPad mini 4と同等である326ppiという画面解像度と、画面が4:3のアスペクト比であるという点です。

”ききはこ”はAndroidでKindleを読む場合はSony Xperia Z3 Tablet Compact(2014)を使っています。この端末はアスペクト比が16:10であるため、小説などのリフロー型書籍の場合は問題ないのですが、固定レイアウトのコミックや雑誌の場合は余白が多くなってしまいます。

やはり電子書籍リーダーとしてみた場合は絶対的に4:3のアスペクト比が望ましいです。そして、端末サイズや本体重量も重要となりますが、iPad mini 4は及ばないものの、厚さ7.5mmで重さ320gは及第点ではないでしょうか。厚さ6mm台、重量200g台だったら最高でしたけどね。

とはいえ、部分的なスペックや価格はiPad mini 4より優れていますので、十分魅力的な端末と言えます。

 

 

Android版のKindleアプリ

この項目は普段Kindleリーダーや、iOS端末でKindle本を読まれている方への説明となりますが、基本的にはAndroid版・iOS版ともにKindleアプリに大きな違いはありません。

”ききはこ”は普段Kindleを、 Kindle Paperwhite( 2015)、Sony Xperia Z3 Tablet Compact(2014)、iPad Air 2で読んでいますが、Android版・iOS版の違いで気になるところといえば、フォントの違いぐらいでしょうか。

iOS版のフォントの方が文字のウェイトが大きい(文字が太い)ので、同等の文字サイズにしても視認性がだいぶ異なります。とはいえ、すぐに慣れる程度の差であるように思いますし、そもそも固定レイアウトの書籍の場合はフォント関係ありませんしね。

また、細かい点ではありますが、iOS版では問題ないのにAndroid版ではレイアウト崩れを起こす書籍があります。具体的には記号や数式が使われているもので、Android版では記号が縦書きにならず困ったことはありましたね。(記号部分が文字ごとに90度回転した状態で表示されてしまいます)

 

 

まとめ

今まで”ききはこ”はAndroidタブレットで「これは電子書籍リーダーとしてオススメだね!」と思えた端末は、Google Nexus 7(2013)か Sony Xperia Z3 Tablet Compact(2014)ぐらいだったのですが、久しぶりにこの「この端末いいかも!」と感じたのが「ZenPad 3 8.0」でした。

Androidユーザーで電子書籍リーダーとしてタブレット端末をお探しの方は「ZenPad 3 8.0」を検討されてみてはいかがでしょうか。2016年9月16日発売ですよ!

 

 

ad


ad


-Kindle, Kindle ニュース, その他

Copyright© ききはこ。 , 2020 AllRights Reserved.