Kindle Kindle Unlimited

Kindle Unlimited:サービス開始から3週間。ついにサービス開始時のタイトル数を割り込む!?

投稿日:

Amazon Kindleの定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」のスタートから3週間。みなさんはどんなKindleライフを送っていますか。

当サイト、”ききはこ。”ではKindle Unlimitedのスタート初日から対象タイトル数のチェックをおこなってきましたが、先週は大幅に対象タイトル数が減ってしまうという衝撃の結果となりました。

そんなKindle Unlimitedですが、サービス開始から3週間目もわりと強烈な結果に。。。Kindle Unlimitedの対象タイトル数は今週も減少の傾向にあり、ついに8月3日のサービス開始時の対象タイトル数を割り込む結果となってしまいました。。。

それでは早速、次の項目で今週のタイトル数を見てみましょう。

なお、ご参考までに前回までの記事はこちらの4つとなります。

 

 

サービス開始から3週間のKindle Unlimited 対象タイトル数

こちらはサービス開始から3週間経ったKindle Unlimitedの対象タイトル数および、先週※と比較した対象タイトル数の増減です。

 

※ ここでいう先週の数値とはサービス開始2週間後の8月17日時点のものとなります。赤字は増えた数値、青字は減った数値です。

カテゴリ 対象タイトル数【全体に占める割合】:先週比の増減
全体 139,562冊【29.4%】:-190冊
文学・評論 20,287冊【23.3%】:-90冊
小説・文芸 14,163冊【23.2%】:-68冊
ミステリー・サスペンス 178冊【5.6%】:+3冊
ビジネス・経済 7,899冊【40.1%】:-359冊
コンピュータ・IT 2,464冊【34.5%】:-12冊
趣味・実用 7,417冊【40.9%】:+46冊
スポーツ・アウトドア 3,306冊【55.9%】:-4冊
旅行ガイド・マップ 1,981冊【39.1%】:-22冊
コミック 30,684冊【18.7%】:-39冊
ライトノベル 2,864冊【12.8%】:+9冊
雑誌 4,036冊【30.1%】:+39冊

 

以上のようになりました。先週は1千冊以上減っていましたから下げ幅は小さくなりましたが全体では190冊減っています。

しかし、一部ジャンルでは微増ながらタイトル数が増えていますね。「趣味・実用」はタイトル数は増えているものの、全体に占める割合は減ってしまっていますが。比較的新刊が Kindle Unlimitedになりやすい雑誌はやはり増えていますね。

全体としてみれば緩やかな減少傾向でそれほど大事ではないように感じますが、ここで特筆すべきは全体のタイトル数がサービス開始初日である8月3日の139,660冊を割り込んでしまったことです。

その差は-98冊とわずかではありますが減ってしまっています。ちなみに、8月3日以降に発売されたKindle書籍のうちKindle Unlimitedの対象タイトル数は1,998冊ですから、2千冊弱増えているにもかかわらず全体としては-98冊なので2千冊以上が何らかの理由でKindle Unlimitedの対象から外れたことになりますね。

 

 

Kindle Unlimited さらなる減少の予感

おそらくはKindle Unlimitedの対象タイトル数は今後も減少していくのではないでしょうか。そのように考える要因の1つに、8月24日に徳間書店がリュウコミックス作品について以下のリリースを発表したことが挙げられます。

この度Amazon様とのKindle Unlimitedにおける読み放題配信において、先方より条件面での変更通達があり、現在配信中のリュウ本誌ならびにリュウコミックスのラインナップを見直すこととなりました。

現在配信中の作品については8月末日までを以って一旦引き上げ、9月1日以降は原則通巻作品の各1巻の配信とさせていただきます。

Kindle Unlimitedでのリュウ本誌、リュウコミックスの配信についてのお知らせ(外部サイトへ)

リュウコミックスは2016年8月25日現在、262冊がKindle Unlimitedの対象となっていますが、来週にはこれが大幅に減ることが予告されました。

これに関して具体的な内容は述べられていませんが、「条件面での変更通達」が問題となっていることがわかります。これがKDP関連で騒がれている出版社との条件格差問題を指しているのかはわかりませんが、何かしら出版社側が現時点より不利になる条件が提示されたのでしょうね。

そして、おそらくこの問題はリュウコミックスだけに関わるものではないでしょうから、今後他の出版社も同様に作品を引き上げる可能性は十分あるのではないでしょうか。

 

 

Kindle Unlimitedの更新は様子見もアリか

Kindle Unlimitedは使い始めから30日間が無料体験期間となりますので、初日から使っていれば9月2日には初回の契約更新が行われ課金が始まります。

リュウコミックスの件からも9月の時点で何かしら大きく状況が変わるのではないかという見方もできますから、ここは契約更新については様子を見るという選択肢もアリかもしれませんね。

ちなみに”ききはこ”は当初より様子見のつもりでおりましたので、すでに解約の手続きは済ませています。解約手続きを行っても30日間の無料体験期間が終わるまではKindle Unlimitedを使い続けることはできますので、現在もまだ使っておりますが。

Kindle Unlimitedの解約方法についてはこちらの記事で手順をまとめていますので、よろしければご参照ください。

 

 

おまけ:今週1週間に発売された書籍のKindle Unlimited 対象タイトル数

次に今週1週間(8月17日〜8月23日)で新たに発売された書籍のうち、どれぐらいがKindle Unlimitedの対象であったかを見てみましょう。

ちなみにこちらは新発売の書籍のみで、過去に刊行されたタイトルが新たにKindle Unlimitedの対象となったものは含みません。

 

8月17日〜8月23日に刊行されたKindle Unlimited対象タイトル (全562冊)

 

以上となります。

それでは今日もよいKindleライフを!

 

 

ad


ad


-Kindle, Kindle Unlimited,

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.