Kindle Kindle Unlimited

Amazonの定額読み放題サービス Kindle Unlimitedを使ってみよう!サービス登録から解約方法までを解説。

更新日:

8月3日にサービスがスタートしたAmazonの定額読み放題サービス Kindle Unlimited。日本における電子書籍サービス最大手の定額読み放題ということで注目が集まっていますね。

以前よりその存在が噂されていたKindle Unlimitedですが、実際にサービスが開始されると月額980円で13万冊以上の書籍が読み放題という、事前の予想を上回る規模での登場となりましたから、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

定額読み放題というインパクトは、2012年のKindleサービス開始に次ぐものがあり、Amazonのこの気合の入り方を見ても、ここからがKindleの第2ステージとなるのでしょうかね。

ここではそんなKindle Unlimitedの概要からKindle Unlimitedの登録方法、そして解約方法までをご紹介してみようと思います。

 

 

そもそもKindle Unlimitedってなに?

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)はAmazonが運営している電子書籍サービス「Kindle」の定額読み放題サービスです。

読みたい本を書籍単位で購入する従来の本の買い方とは異なり、月額料金(980円)を支払うことでKindle Unlimitedの対象タイトルが読み放題となるサブスクリプションサービスであることが特徴ですね。

アメリカのAmazonでは2014年7月からサービスを開始しており、2016年8月現在 約135万冊がKindle Unlimitedの対象タイトルとなっています。

アメリカの他にもヨーロッパ各国や中南米、中国、インドでもすでに始まっており、今回ようやく日本でもサービス開始の運びとなりました。

 

 

Kindle Unlimitedの料金

上の項目でも触れましたがKindle Unlimitedは書籍単位で購入するのではなく、980円の月額料金を支払う形となります。

注意しておきたいのは、サブスクリプションサービスであるためサービスの契約中であれば本を読む・読まないに関係なく料金が発生するという点ですね。

それと、Kindle Unlimitedの対象タイトル以外の本を読みたい場合は、Kindle Unlimitedの対象タイトルになるのを待つか、従来通りに書籍単位で購入する必要があります。

ということになりますので、Kindle Unlimitedを利用するかどうかは、自分が普段どれぐらい本を読んでいるか、また、自分の読みたい作品がKindle Unlimitedの対象タイトルにどれぐらいあるか、を考える必要がありますね。

 

 

Kindle Unlimitedの対象タイトルはどれぐらいある?

事前の予想では対象5万冊でスタートするのでは、と見られていた Kindle Unlimitedですが、実際は13万冊(139,660冊 8月3日時点)でのサービス開始となりました。

今現在、Kindle書籍の総数は46万冊程ですから、おおよそ4分の1がKindle Unlimitedの対象となる計算ですね。

アメリカのKindle Unlimitedは約135万冊ですから桁が違いますが、日本の出版事情を考慮すれば13万冊でのスタートは想像以上であったと言えるのではないでしょうか。

なお、各カテゴリや出版社ごとのKindle Unlimited 対象タイトル数やオススメ作品をまとめた関連記事もありますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

 

 

Kindle Unlimitedの対象タイトルはどこで探せばよいの?

サービス契約後に「Kindle Unlimited 読み放題」のトップページを開くと、対象タイトルを紹介する一覧が表示されるので、ここからKindle Unlimited対象タイトルを探すことになりますが、基本的には単品購入の場合と大きな違いはありません。

また、通常のKindleストアのトップページなどから書籍を探した場合でも、Kindle Unlimited対象タイトルであれば書籍の詳細ページの価格欄にその旨が記載されていますので、すぐに対象タイトであることが分かるようになっています。

そのため、従来の利用方法と同じ感覚で書籍を探すことができます。

なお、当サイト「ききはこ。」では毎日Kindleで刊行される書籍を「Kindle 書籍発売情報」でまとめてご紹介していますが、その中で新たに発売された書籍のKindle Unlimited対象タイトルも紹介していますので、よろしければご覧ください。

 

 

どの端末で利用できるの?

こちらも基本的に通常のKindleサービスと変わりません。

「Kindleリーダー」端末やFireタブレットはもちろんのこと、iOSやAndroid端末、PCやMacのKindleアプリでも同様に読むことができますので、従来のスタイルに合わせることができます。

 

 

Kindle Unlimitedの登録方法

Kindleサービスをすでに利用している方であれば登録方法は簡単です。

Amazonにログインした状態で、ブラウザでKindleストアのトップページにある入り口からKindle Unlimitedページへ移動し、サービス開始のバナーをクリックするだけで使い始めることができます。

2016年8月現在、「30日間の無料体験」を実施していますので、支払い手続きなどはなく1クリックで登録完了です。そして、この状態だと31日目に初回の購入手続きが自動で行われます。

もし、お試しだけで様子を見たいということであれば、自動継続される前の忘れないうちに解約手続きを行うことをお勧めします。その解約方法については後述します。

ちなみに、30日間の無料体験中に解約しても、30日間の終了まではKindle Unlimitedを使い続けることができますよ。

 

Kindle Unlimitedのトップページ
20160809 k01
ログインしていれば赤枠のバナーをクリックするだけで「30日間の無料体験」を開始することができます。

 

 

1度に読むことができるのは10冊まで

細かいことではあるのですが、実は結構重要ではないかと思われるのが、同時に読むことができるのは10冊までという点です。

定額読み放題なんだからとりあえずガンガン購入して ストレージいっぱいに本を詰め込むよ!という使い方を想定されている人もいるのではないかと思いますが、それはできないのです。。。

11冊目を購入しようとすると1冊目を登録解除するかどうかのアラートが表示されてしまいます。

これは結構不便ですよね。長旅などでネット回線が制限されるような状況では10冊を切り替えることが困難な場合もあるような。。。

特にコミックスを中心に利用されている方は大問題ではないでしょうか。コミックスは小説に比べると読む速度は早いでしょうし、1冊あたりのファイルサイズも大きいです。できれば事前に結構な分量を購入しダウンロードしておきたいところですよね。

というわけで、Wi-Fiメインで外出が多い人にはネックになりそうな制限なのです。

 

11冊目の登録で表示されるアラート
20160809 k02
このアラートで1冊目の登録を解除すれば11冊目をそのまま登録できます。

 

 

Kindle Unlimitedの解約方法

ここではKindle Unlimitedの解約方法についてご説明します。

Kindle Unlimitedはサブスクリプションサービスとなりますので、契約中は本を読む・読まないに関係なく費用が発生します。そして、サービスの契約更新は自動で行われますので、利用を停止する場合はKindle Unlimitedの解約を手動で行う必要があります。

以下がKindle Unlimitedの解約手順となります。

まず、ブラウザでAmazonサイトを開き、「アカウントサービス」の中にある「コンテンツと端末の管理」を開きます。

 

コンテンツと端末の管理
20160809 k03

 

 次に「設定」タブの中にある、「Kindle Unlimitedの設定」から「登録を管理」をクリックします。

 

「設定」タブの中
20160809 k04
Kindle Unlimitedの設定から「登録を管理」をクリックします。

 

そして画面左側にある「メンバーシップを管理」から「Kindle Unlimited 会員登録をキャンセル」を選びます。

 

Kindle Unlimited 会員登録を管理画面
20160809 k05
「Kindle Unlimited 会員登録をキャンセル」を選びます。

 

最後の確認画面でメンバーシップの終了を選ぶと解約は完了です。

 

登録解除の確認画面
20160809 k06
内容を確認して「終了」を選べば登録解除されます。

 

 

まとめ

以上、Kindle Unlimitedのご紹介から登録方法、解約方法までを見てきましたがいかがでしょうか。

まだ開始したばかりということもあり対象タイトル数が少なめであったり、定額読み放題という性質上、人気作や最新刊が含まれていない、という点はありますが、今後に期待出来るサービスとなっていますね。

現在は30日間の無料体験も実施していますので、ぜひこの機会にKindle Unlimitedに触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ad


ad


-Kindle, Kindle Unlimited,

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.