Kindle Kindle ニュース

Kindleニュース:第16回本格ミステリ大賞受賞作!鳥飼否宇「死と砂時計」のKindle版が登場!

更新日:

本日、Amazon Kindleストアにてミステリ作家、鳥飼否宇(とりかい ひう)さんの「死と砂時計」Kindle版の配信が開始されました。

こちらの作品ですが、紙媒体では2015年1月に東京創元社の創元クライム・クラブから刊行され、2016年に第16回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞したタイトルです。紙媒体から1年半かかってのKindle版ですね。。。

鳥飼否宇さんは2001年に「中空」で第21回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞してデビューしたミステリ作家です。2007年の「樹霊」でも本格ミステリ大賞の候補となるも受賞はできず、今年「死と砂時計」で晴れて大賞受賞となりました!

オーソドックスなミステリからバカミスまで幅広いスタイルの作品を書かれる鳥飼否宇さんですが、「死と砂時計」は奇想と逆説に満ちた本格ミステリ連作集ですよ!

各方面で高い評価を受けた著者渾身の本格ミステリ作品となりますので、未読の方はこの機会に読まれてみてはいかがでしょうか。

 

 

鳥飼否宇 - 死と砂時計

死と砂時計
鳥飼 否宇 (著)
価格 : 1,700 円 (244 円 OFF/13% OFF)
出版 : 東京創元社
★★★★☆ 件のレビュー
世界各国から集められた死刑囚を収容する、ジャリーミスタン終末監獄。親殺しの罪で収監されたアラン青年は、“監獄の牢名主”と呼ばれる老人シュルツと出会う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、監獄内の事件の捜査に携わるアラン。死刑執行前夜、なぜ囚人は密室状態の独房で斬殺されたのか? どうして囚人は闇夜ではなく、人目につく満月の夜に脱獄したのか? そして、アランが罪に問われた殺人事件の真相とは……。死刑囚の青年と老人が遭遇する、摩訶不思議な事件の数々。終末監獄を舞台に奇想と逆説が横溢する、著者渾身の本格ミステリ。
Amazon Kindleストアへ

 

鳥飼否宇:その他のタイトル

 

 

※ 上記の情報は、2016年6月8日現在のものです。

 

興味のある方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

以上、Kindleニュースでした。

 

 

ad


ad


-Kindle, Kindle ニュース,

Copyright© ききはこ。 , 2020 AllRights Reserved.