Kindle Kindle 日替わりセール情報

日替わりセール:収録絵画はすべてカラー!中野京子『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか』が499円 (58%OFF)に! 本日限定。

更新日:

Amazon Kindleストアの日替わりセールにて中野京子著 『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか』が58% OFFに値下げされています。

こちらは日替わりセールのため期間は本日、2016年5月27日 23:59までとなります。

角川書店の『怖い絵』シリーズで鋭い絵画論を説かれている中野京子さんの著書、『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか』が本日の日替わりセールの対象となっている1冊です。

「あの有名な画家――その最後の作品を知っていますか?」

「画家は、何を描いてきたか」、そして「最後に何を描いたか」。ボッティチェリ、ルーベンスからゴヤ、ゴッホまで、15人の画家「絶筆」の謎に迫ったタイトルです。

電子版では、絵画がすべてカラーで収載されている点も見逃せませんね!

興味のある方はこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

中野京子 - 「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか

書籍名 「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書)
著者 中野 京子 (著)
価格 499
価格差 689 円 OFF (58% OFF)
発売日 2015/9/11
出版社 NHK出版
サイズ 116620 KB
内容 :
あの有名な画家――その最後の作品を知っていますか?ルネサンス、バロック、印象派……もう、そんな西洋絵画の解説は聞き飽きた。知りたいのは「画家は、何を描いてきたか」、そして「最後に何を描いたか」。彼らにとって、絵を描くことは目的だったのか、それとも手段だったのか―。ボッティチェリからゴヤ、ゴッホまで、15人の画家の「絶筆」の謎に迫る。

Amazon Kindleストアへ

 

 

同じ著者によるその他のタイトル

 

※ 上記の情報は、2016年5月27日現在のものです。
※ 「価格差」の項目は、紙媒体とKindle版の価格差となります。

 

以上、Kindle 日替わりセール情報でした。

 

 

ad


ad


-Kindle, Kindle 日替わりセール情報,

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.