Kindle

【Kindle】 第154回芥川賞と直木賞の受賞作が決定!Kindleで読める作品は!?

更新日:

2016年1月19日に第154回芥川龍之介賞と直木三十五賞の選考会が東京で開かれ、それぞれの受賞作品が決定しました。

芥川賞は滝口悠生さんの「死んでいない者」と、本谷有希子さんの「異類婚姻譚」の2作品が選ばれ、直木賞には、青山文平さんの「つまをめとらば」が選ばれました。

青山文平さんは67歳での受賞ということで、これは歴代で2番目に高い年齢となるそうです。すごいですね。

ここでは、 芥川賞と直木賞の受賞作と候補作について、それらの作品をKindleで読むことができるかどうかをまとめてみました。

 

 

第154回芥川龍之介賞

 

第154回芥川賞の受賞作と候補作

作家名 作品名 Kindle版の有無
石田 千 (いしだ せん) 「家へ」 ×
上田岳弘 (うえだ たかひろ) 「異郷の友人」 ×
加藤秀行 (かとう ひでゆき) 「シェア」 ×
滝口悠生 (たきぐち ゆうしょう) 「死んでいない」【受賞】 ×
松波太郎 (まつなみ たろう) 「ホモサピエンスの瞬」 ×
本谷有希子 (もとや ゆきこ) 「異類婚姻譚」【受賞】

 

 

受賞作 : 本谷有希子 - 異類婚姻譚

書籍名 異類婚姻譚
著者 本谷有希子
価格 1,134 円
価格差 270 円 OFF (19% OFF)
発売日 2016/1/19
出版社 講談社
サイズ 202 KB
内容 :
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、「藁の夫」など短編3篇を収録。大江健三郎賞、三島由紀夫賞受賞作家の2年半ぶり、待望の最新作!

Amazon Kindleストアへ

 

 

 

第154回直木三十五賞

 

第154回直木賞の受賞作と候補作

作家名 作品名 Kindle版の有無
青山文平 (あおやま ぶんぺい) 「つまをめとらば」【受賞】
梶よう子 (かじ ようこ) 「ヨイ豊」
深緑野分 (ふかみどり のわき) 「戦場のコックたち」
宮下奈都 (みやした なつ) 「羊と鋼の森」
柚月裕子 (ゆづき ゆうこ 「孤狼の血」

 

 

受賞作 : 青山文平 - つまをめとらば

書籍名 つまをめとらば (文春e-book)
著者 青山文平
価格 1,300 円
価格差 320 円 OFF (20% OFF)
発売日 2015/7/10
出版社 文藝春秋
サイズ 349 KB
内容 :
太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか―。時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。

Amazon Kindleストアへ

 

 

直木賞の候補作

 
 

 

 

※ 上記の情報は、2016年1月20日現在のものです。

 

いかがでしたでしょうか。

芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られるという性質からか、直木賞の方はすべての作品がKindleでリリースされていますね。

芥川賞の方はこれから刊行される作品が多いので、もう少し待てばこちらもKindle版が出るのでしょうか。楽しみですね。

以上、「第154回芥川賞と直木賞の受賞作が決定!Kindleで読める作品は!?」でした。

 

 

ad


ad


-Kindle,

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.