Kindle セール情報

8月8日は妖怪の日!京極夏彦作品が最大50%OFFに。10日の値下げ情報!

投稿日:

Kindleストアの値下げ情報を書籍単位でご紹介。

規模の小さなセールからの抜粋や、経緯の不明な謎の値下げセールまで、おトクな情報いろいろ!

セール期間は不明なものが多いので、気になるタイトルのある方はお早めに!

8月8日は妖怪の日、ということで京極夏彦さんの妖怪タイトルが最大50%OFFとなっていますよ〜。こちらはセールページはなしで、期間はおそらく18日まで。

 

 

値下げタイトル

虚実妖怪百物語 序
京極 夏彦 (著)
価格 : 749 円 (763 円 OFF/50% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2016/10/22)
★★★★★ 7件のレビュー
シリアの砂漠に現れた男。旧日本兵らしき軍服に、五芒星が染め付けられた白手袋。その男は、古今東西の呪術と魔術を極めた魔人・加藤保憲に、よく似ているように見えた―。
Amazon Kindleストアへ
 
虚実妖怪百物語 破
京極 夏彦 (著)
価格 : 1,048 円 (464 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店
★★★★★ 4件のレビュー
富士の樹海。魔人・加藤保憲の前に、ある政治家が跪いていた。太古の魔物が憑依したその政治家に、加藤は言い放った。この国を滅ぼす、と―。妖怪が出現し騒動が頻発すると、政府は妖怪を諸悪の根源と決めつけ、駆逐に乗り出す。...
Amazon Kindleストアへ
 
虚実妖怪百物語 急
京極 夏彦 (著)
価格 : 1,048 円 (464 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2016/11/5)
★★★★★ 8件のレビュー
妖怪研究施設での大騒動を境に、妖怪はなりを潜めていた。政府は妖怪殲滅を宣言すると、不可解な政策を次々と発表。国民は猜疑心と攻撃性に包まれていき、日本は危機的状況に陥っていった。...
Amazon Kindleストアへ
 
嗤う伊右衛門
京極 夏彦 (著)
価格 : 480 円 (116 円 OFF/19% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★★ 78件のレビュー
ミステリー作家京極夏彦が、斬新な解釈を施して現代に蘇らせた「四谷怪談」。4世鶴屋南北の最高傑作とされる『東海道四谷怪談』とは趣の異なる、凛とした岩の姿が強く心に残る作品である。...
Amazon Kindleストアへ
 
数えずの井戸
京極 夏彦 (著)
価格 : 690 円 (304 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★★ 18件のレビュー
数えるから、足りなくなる――。暗く冷たい井戸の端で、「菊」は何を見たのか。それは、はなかくも美しい、もうひとつの「皿屋敷」。怪談となった江戸の「事件」を独自の解釈で語り直す、傑作怪談!
Amazon Kindleストアへ
 
文庫版 豆腐小僧双六道中ふりだし
京極 夏彦 (著)
価格 : 475 円 (492 円 OFF/50% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2013/7/25)
★★★★★ 20件のレビュー
豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪「豆腐小僧」。豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、はたまた消えてしまうのか。「消えたくない」という強い思いを胸に旅に出た小僧が出会ったのは!?
Amazon Kindleストアへ
 
文庫版 豆腐小僧双六道中おやすみ
京極 夏彦 (著)
価格 : 659 円 (307 円 OFF/31% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2013/7/25)
★★★★☆ 1件のレビュー
人を怖がらせられる立派な妖怪になりたい豆腐小僧は、滑稽達磨とともに武者修行の旅に出る。芝右衛門狸による〈妖怪総狸化計画〉。信玄の隠し金を狙う悪党(人間)たち。ゴタゴタに巻き込まれた小僧は……。
Amazon Kindleストアへ
 
豆腐小僧その他
京極 夏彦 (著)
価格 : 469 円 (210 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2013/7/25)
★★☆☆☆ 5件のレビュー
豆腐小僧とは、かつて江戸で大流行した間抜けな妖怪。豆富小僧が現代に現れての活躍を描いた小説「豆富小僧」と、京極氏によるオリジナル台本「狂言 豆腐小僧」「狂言 新・死に神」などを収録した、貴重な作品集!
Amazon Kindleストアへ
 
巷説百物語
京極 夏彦 (著)
価格 : 332 円 (347 円 OFF/51% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2012/6/25)
★★★★★ 60件のレビュー
怪異譚を蒐集するため諸国を巡る戯作者志望の青年・山岡百介は、雨宿りに寄った越後の山小屋で不思議な者たちと出会う。御行姿の男、垢抜けた女、初老の商人、そして、なにやら顔色の悪い僧――。
Amazon Kindleストアへ
 
西巷説百物語
京極 夏彦 (著)
価格 : 599 円 (286 円 OFF/32% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★☆ 23件のレビュー
人が生きて行くには痛みが伴う。そして、人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。
Amazon Kindleストアへ
 
後巷説百物語
京極 夏彦 (著)
価格 : 629 円 (296 円 OFF/32% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★★ 49件のレビュー
御行の又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平ら小悪党たちの暗躍を描いた人気シリーズの第3弾。幕末を舞台とした先の2作とは異なり、時代は明治へと移り変わっている。...
Amazon Kindleストアへ
 
続巷説百物語
京極 夏彦 (著)
価格 : 629 円 (297 円 OFF/32% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★★ 16件のレビュー
不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。
Amazon Kindleストアへ
 
前巷説百物語
京極 夏彦 (著)
価格 : 629 円 (297 円 OFF/32% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
★★★★★ 28件のレビュー
江戸末期。双六売りの又市は損料屋「ゑんま屋」にひょんな事から流れ着く。この店、表はれっきとした物貸業、だが「損を埋める」裏の仕事も請け負っていた。若き又市が江戸に仕掛ける、百物語はじまりの物語。
Amazon Kindleストアへ
 
幽談
京極 夏彦 (著)
価格 : 279 円 (283 円 OFF/50% OFF)
出版 : KADOKAWA / メディアファクトリー (2014/1/8)
★★★★★ 14件のレビュー
怖いものとは何だろう。本当に怖いものを知るため、とある屋敷を訪れた男は、通された座敷で思案する。完全な暗闇の世界、思いもよらない異形のモノ、殺意を持った猛獣や殺人鬼、己が死ぬこと、幽霊――。
Amazon Kindleストアへ
 
眩談
京極 夏彦 (著)
価格 : 423 円 (182 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2015/11/25)
★★★★☆ 1件のレビュー
僕が住む平屋は少し臭い。薄暗い廊下の真ん中には便所がある。夕暮れ時に、暗くて臭い便所へ向かうと――。視界が歪み、記憶が混濁し、暗闇が匂いたち、眩暈をよぶ――京極小説の本領を味わえる8篇を収録。
Amazon Kindleストアへ
 
冥談
京極 夏彦 (著)
価格 : 390 円 (172 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / メディアファクトリー (2014/1/8)
★★★★☆ 16件のレビュー
庭に咲く艶々とした椿の花とは対照に、暗い座敷に座る小山内君は痩せ細り、土気色の顔をしている。僕は小山内君に頼まれて留守居をすることになった。襖を隔てた隣室に横たわっている、妹の佐弥子さんの死体とともに。...
Amazon Kindleストアへ
 
鬼談
京極 夏彦 (著)
価格 : 1,134 円 (486 円 OFF/30% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川書店 (2015/4/5)
★★★★★ 6件のレビュー
鬼とは見えぬもの。鬼とは隠れたるもの。魅入られる人の裡に、鬼はいる。愛とは情欲である。執着に溺れ、永遠に煩悩の虜になる。それを――鬼と云うのだ。九篇の鬼気迫る物語を収めた「 」談シリーズ第四弾。
Amazon Kindleストアへ
 
遠野物語拾遺retold
京極 夏彦 (著)
価格 : 480 円 (1,248 円 OFF/72% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川学芸出版 (2015/6/25)
★★★★★ 3件のレビュー
『遠野物語』が世に出てから二十余年の後――。柳田國男のもとには多くの説話が届けられた。明治から大正、昭和へ、近代化の波の狭間に集められた二百九十九の物語を京極夏彦がその感性を生かして語り直す。
Amazon Kindleストアへ
 
鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集
鳥山 石燕 (著)
価格 : 404 円 (330 円 OFF/44% OFF)
出版 : KADOKAWA / 角川学芸出版 (2014/6/15)
★★★★★ 40件のレビュー
かまいたち、火車、姑獲鳥(うぶめ)、ぬらりひょん――。あふれる想像力と類まれなる画力で、さまざまな妖怪の姿を伝えた江戸の絵師・鳥山石燕。その妖怪画集全点を、コンパクトに収録した必見の一冊!
Amazon Kindleストアへ

 

 

2018年10月4日のトピックス

実施中のKindleセール

※ 上記の情報は、2017年8月10日現在のものです。

 

以上、本日のKindle本 値下げ情報でした。

 

ad


ad


-Kindle セール情報

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.