Kindle 週間まとめ

今週発売された小説作品まとめ!森博嗣「私たちは生きているのか?」など。 2月19日〜2月25日発売。

投稿日:

2017年2月19日〜2月25日に発売されたKindleタイトルから小説作品をピックアップしてまとめてみました。作品は「注目作品」、「ミステリ」、「SF・ホラー・ファンタジー」、「その他」、「紙の本」の5つのカテゴリに分けています。

今週もいろいろな作品がリリースされていますよ!

今週は講談社タイガの新刊や、本格書店ミステリシリーズ第4弾「ようこそ授賞式の夕べに」、知念実希人さんの本格医療ミステリ「幻影の手術室」など、注目作品がいろいろありましたね〜。どれも読みたい!

 

今週発売された「文学・評論」作品:全368冊(Kindleストアへ)

 

 

今週発売の小説作品、注目タイトル!

私たちは生きているのか?
森博嗣 (著)
価格 : 745 円 + 20% ポイント還元
出版 : 講談社
★★★★★ 3件のレビュー
脱走したウォーカロンたちが潜んでいるというアフリカにあるコミューンへやって来たハギリたち。彼らはそこで、新しい生命のあり方を体験する。
Amazon Kindleストアへ
 
おそれミミズク
オキシタケヒコ (著)
価格 : 778 円
出版 : 講談社
★★★★★ 1件のレビュー
「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが“せかい”を変容させる――。
Amazon Kindleストアへ
 
ようこそ授賞式の夕べに
大崎 梢 (著)
価格 : 610 円 (103 円 OFF/14% OFF) + 20% ポイント還元
出版 : 東京創元社
書店大賞授賞式の当日、成風堂書店に勤める杏子と多絵のもとを福岡の書店員・花乃が訪ねてくる。「書店の謎を解く名探偵」に、書店大賞事務局に届いた不審なFAXの謎を解いてほしいというのだ。同じ頃、出版社・明林房書の新人営業マンである智紀にも事務局長から同様の相談が持ち込まれる。授賞式まであと数時間、無事に幕は上がるのか?!本格書店ミステリ、シリーズ第四弾!
Amazon Kindleストアへ
 
幻影の手術室―天久鷹央の事件カルテ―
知念実希人 (著)
価格 : 702 円 + 20% ポイント還元
出版 : 新潮社
★★★★☆ 10件のレビュー
手術後のオペ室で起きた医師死亡事件。記録用のビデオに録画されていたのは、一人の麻酔医が「見えない誰か」と必死に格闘し、その末に絶命する場面だった。手術室は密室。容疑者は全身麻酔で身動きのとれない患者のみ。西東京市・清和総合病院で起きた不可能犯罪に対し、天才女医・天久鷹央(あめくたかお)は独自の捜査に乗り出すが……。事件に隠された“病”を解き明かす、本格医療ミステリ。
Amazon Kindleストアへ
 
終りなき夜に生れつく
恩田 陸 (著)
価格 : 1,300 円 (320 円 OFF/19% OFF) + 21% ポイント還元
出版 : 文藝春秋
★★★★★ 1件のレビュー
祝、直木賞受賞! 恩田陸の最新作。今明かされる、あの殺人者たちの過去ダークファンタジー大作『夜の底は柔らかな幻』のスピンオフ短篇集。特殊能力を持つ「在色者」たちの凄絶な過去が語られる――
Amazon Kindleストアへ

 

 

今週発売されたミステリ作品

 

 

今週発売されたSF・ホラー・ファンタジー作品

 

 

今週発売されたその他のジャンル

 

 

今週発売された紙の本オススメ作品

 

※ 上記の情報は、2017年2月26日現在のものです。

 

気になる作品のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、Kindle 週間まとめでした。

 

なお、先週以前のまとめ情報をご覧になりたい方は下記の一覧からどうぞ。

「Kindle 週間まとめ」一覧へ

 

ad


ad


-Kindle 週間まとめ

Copyright© ききはこ。 , 2020 AllRights Reserved.