Kindle

第156回「芥川賞・直木賞」発表!芥川賞は山下澄人さん「しんせかい」、直木賞は恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」が受賞!

投稿日:

平成28年下半期の第156回芥川龍之介賞・直木三十五賞の受賞作が発表されました!

選考会が本日、築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞は山下澄人さん「しんせかい」、直木賞は恩田陸さん「蜜蜂と遠雷」にそれぞれ決まりました。

ちなみに1週間前にこちらの記事で候補作をご紹介した時点では須賀しのぶさんの「また、桜の国で」のみKindle版がありませんでしたが、現在はKindle版が発売されておりますので、これで直木賞については受賞作・候補作の全作品をKindleで読むことができるようになっています。

また、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」はつい先日まで68%ポイント還元という超絶割引セールが行われていましたが、もしかしたら直木賞受賞を記念してまたセールを行ったりするかもしれませんね。

やったー!恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が直木賞に選ばれました〜。”ききはこ”は、候補作の中で「蜜蜂と遠雷」がいちばん好きな作品だったので嬉しいです!

 

 

第156回直木三十五賞 受賞作

蜜蜂と遠雷
恩田陸 (著)
価格 : 1,555 円 (389 円 OFF/20% OFF) + 20% ポイント還元
出版 : 幻冬舎 (2016/9/21)
Kindle Unlimited : -
★★★★★ 39件のレビュー
舞台は芳ケ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。3年ごとに開催され、6回目を迎えるこのコンクールは、優勝者が世界屈指のSコンクールでも優勝した実績があり、近年評価が高い。コンテスタント(演奏者)や審査員たちだけでなく、調律師やテレビの取材者など、さまざまな人間の生き方、考え方が交錯し、白熱する。。。。
Amazon Kindleストアへ

 

第156回直木三十五賞 その他のノミネート作品

   

 

 

第156回芥川龍之介賞

作家名 作品名 掲載誌
加藤秀行 「キャピタル」 文學界12月号
岸政彦 「ビニール傘」 新潮9月号
古川真人 「縫わんばならん」 新潮11月号
宮内悠介 「カブールの園」 文學界10月号
【受賞】山下澄人 「しんせかい」 新潮7月号

 

※ 上記の情報は、2017年1月19日現在のものです。

 

以上、第156回「芥川賞・直木賞」作品のご紹介でした。

それでは!

 

ad


ad


-Kindle

Copyright© ききはこ。 , 2020 AllRights Reserved.