Kindle

2017年版「このミステリーがすごい!」&「本格ミステリ・ベスト10」のランキング作品をKindleで読もう!

更新日:

今年も残すところあとわずかとなってまいりましたが、ミステリ愛好者にとって12月といえば、そう!「このミステリーがすごい!」と「本格ミステリ・ベスト10」の発売ですよね!

今年も、12月5日に「2017 本格ミステリ・ベスト10」が、そして10日に「このミステリーがすごい! 2017年版」が発売されました。残念ながらどちらもKindle版はないため紙の本のみとなります。

”ききはこ”は新刊をいち早く購入するというよりは、この2冊のランキングから面白そうな作品を探すことが多いので、今年も楽しみにしておりました。

そんな2017年版「このミステリーがすごい!」&「本格ミステリ・ベスト10」について、ランキングに掲載された作品をKindleで読むことができるかどうかをチェックしてみました。

この記事には両ミステリランキング掲載作品のネタバレにもなりますので、買ってからじっくりランキングを確認したいよ!という方はご注意ください。

それでは、「このミステリーがすごい!」と「本格ミステリ・ベスト10」の国内編・海外編をそれぞれ見ていきましょう。(サムネイル画像のみの書籍について、特に記載がないものはKindle版が存在するものとなります。)

 

【追記】
両誌に掲載されたミステリ作家の新作情報や近況をまとめた記事もありますので、あわせてどうぞ。

 

このミスの表紙のネコは「ニャームズ」といいますが、毎回表紙の裏に掲載されているマンガが面白いのですよね〜。今年は乱歩作品を取り上げているのですが、ニャームズがかわいいです!

 

 

 

このミステリーがすごい! 2017年版 : 国内編

第1位:涙香迷宮
竹本健治 (著)
価格 : 1,944 円 (432 円 OFF/18% OFF) + 20% ポイント還元
出版 : 講談社 (2016/3/9)
Kindle版 : ○
明治の傑物・黒岩涙香が残した最高難度の暗号に挑むのはIQ208の天才囲碁棋士・牧場智久!いろは四十八文字を一度ずつ、すべて使って作る日本語の技巧と遊戯性を極めた「いろは歌」四十八首が挑戦状。
Amazon Kindleストアへ

 

 

 

 

2017 本格ミステリ・ベスト10 : 国内編

聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた
井上真偽 (著)
価格 : 734 円 (303 円 OFF/29% OFF) + 20% ポイント還元
出版 : 講談社 (2016/7/6)
Kindle版 : ○
★★★☆☆ 6件のレビュー
聖女伝説が伝わる地方で結婚式中に発生した、毒殺事件。それは、同じ盃を回し飲みした八人のうち三人(+犬)だけが殺害されるという不可解なものだった。参列した中国人美女のフーリンと、才気煥発な少年探偵・八ツ星は事件の捜査に乗り出す。数多の推理と論理的否定の果て、突然、真犯人の名乗りが!?青髪の探偵・上苙は、進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?
Amazon Kindleストアへ

 

 

 

 

このミステリーがすごい! 2017年版 : 海外編

熊と踊れ 上
アンデシュ ルースルンド (著) ほか
価格 : 972 円 (108 円 OFF/10% OFF) + 20% ポイント還元
出版 : 早川書房 (2016/9/15)
Kindle版 : ○
★★★★☆ 2件のレビュー
【ハヤカワ・ミステリ文庫創刊40周年記念作品】凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセントの三人兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。その目的とは史上例のない銀行強盗計画を決行することだった――。連続する容赦無い襲撃。市警のブロンクス警部は、事件解決に執念を燃やすが……。はたして勝つのは兄弟か、警察か。スウェーデンを震撼させた実際の事件をモデルにした迫真の傑作。最高熱度の北欧ミステリ。
Amazon Kindleストアへ

 

 

 

 

2017 本格ミステリ・ベスト10 : 海外編

ささやく真実
ヘレン・マクロイ (著) ほか
価格 : 1,058 円 (Kindle版 : なし)
出版 : 東京創元社 (2016/8/31)
Kindle版 : なし
悪趣味ないたずらで、周囲に騒動をもたらす美女クローディア。彼女は知人の研究室から盗みだした強力な自白剤を、自宅のパーティーで飲みものに混ぜてふるまい、宴を暴露大会に変えてしまう。その代償か、夜の終わりに彼女は何者かに殺害された…!精神科医ウィリング博士が、意外な手がかりをもとに指摘する真犯人は?マクロイ屈指の謎解き純度を誇る、傑作本格ミステリ。
Amazonサイトへ

 

 

以上となります。

さすがに国内編についてはほとんどの作品のKindle版が出ていますね。唯一Kindle版がなかったのが宮部みゆきさんの「希望荘」となりますが、これは著者のスタンスによるところなので残念ですが仕方がないですね。

それはともあれ、このミス1位は竹本健治さんの「涙香迷宮」でした。今作は牧場智久シリーズの本格パズラーだそうですね。竹本健治さんといえば”ききはこ”的には「かくも水深き不在」や「汎虚学研究会」のように狂気や恐怖を扱った作品が好みなのですが、是非とも読んでみようと思います。

そして、本格ミステリ・ベスト10の1位は井上真偽さんの「聖女の毒杯」でしたね〜。前作「その可能性はすでに考えた」と共に高い評価を受けているようで、井上真偽さんのファンである”ききはこ”としては嬉しい限りです。ちなみに、前作は現在、講談社のセールで58%OFF+20%ポイント還元というお買い得価格になっていますよ!15日までのセールとなりますのでお見逃しなく!

いや〜、今年も面白いランキングでしたね。つい先日、米澤穂信さんの古典部シリーズ最新作「いまさら翼といわれても」が発売されましたが、来年も再びランキング上位にくるのではないでしょうか!楽しみですね!

 

 

ad


ad


-Kindle

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.