Apple Watch スマホ・タブレット

はじめてのApple Watch Series 4!実際に購入してみたよ!

更新日:

Apple Watch Series 4とPRO TREK Smartの画像

突然ですがApple Watch Series 4を買いました。

イヤ〜、”ききはこ”にとっては本当に突然なことだったのですよ。

だって2018年9月12日(日本時間13日)に開催されたアップルの発表会で、”ききはこ”が期待していたのは新型iPhoneだけだったのですから。

普段から「腕時計と言えばCASIOのプロトレックだよ!」と心の中で誓っていたほどのプロトレックユーザーだったのですが、Apple Watch Series 4にはコロッとヤラレましたね。

ここでは、そんなプロトレックユーザーだった”ききはこ”が、はじめてApple Watch Series 4を使うにあたって感じたことなどをレビューしてみます。

”はじめての”となるため、使い勝手について旧機種との比較といったことは出来ませんが、はじめてのスマートウォッチとして「Apple Watch Series 4を買ってみようかな〜」と迷っている方の手助けになれば幸いです。

いわゆるひとつの一目惚れというやつじゃな!

クマがハチミツと出会ったときもそんな感じだったクマ〜。

Apple Watch Series 4とは

Apple Watch Series 4の画像

まぁ、あらためて書く必要もないかもしれませんが、まずはApple Watchのご説明を少しだけ。

「Apple Watch Series 4」とはその名の通り「アップルが作ったスマートウォッチの第4世代」ですね。そのまんまですが。。。

とは言え、「初代→1→2→3」ときての「Series 4」ですから第5世代のようにも感じますが、どうやら「初代→1」がCPUをアップデートしただけとなるため、ここは一括りになるようです。

それはともかく、2015年の初代発売以降、毎年のモデルチェンジで洗練されていき、今やウェアラブルコンピュータ市場で過半数のシェアを誇るスマートウォッチなのです。

調査会社IDCによると、2017年度が終わった時点でApple Watchのシェアは61%なんだペン!

Series 4は初のフルモデルチェンジ!

そんな「Apple Watch Series 4」ですが、実は初のフルモデルチェンジだったのですね。

確かに発表会をネットで見たとき、「あれ?Apple Watchってこんなにカッコよかったっけ?」と思ったものです。

実際に旧モデルからは次のような変更点があります。

  • ケースサイズが38mmと40mmから、40mmと44mmに拡大
  • 厚みは0.7ミリ薄くなった
  • ベゼルが小さくなり、画面サイズが30%以上拡大
  • 画面は四角から角が丸くなった
  • プロセッサ(S4)が64bitに対応して処理速度が約2倍に
  • デジタルクラウンを回した感触が伝わるように
  • 転倒検出機能で転倒時に緊急連絡先等に通知可能
  • 第2世代の光学式心拍センサー搭載
  • 電気式心拍センサーの追加で心電図を取れるように(日本では利用できない...)

などなど。旧機種を持っていない”ききはこ”からすると「いつの間にかなんか凄いことになってる!」と驚きの連続です。フルモデルチェンジというだけあってかなり進化しているようですね。

こいつは買うしかない!

残念ながら目玉機能である心電図機能はアメリカでしか使えないのじゃ!

でも法整備が整えば日本でも使えるようになる可能性があるピヨ〜。

購入を決意!しかしどのモデルを買えばよいか迷う。。。

ということで、Apple Watch Series 4の購入を決意。

今回は4年ぶりにiPhoneを買い換える予定だったので、これはよい機会かもということでiPhone XS Maxと同時購入です。

まぁ当然この予定外の出費は大きいわけですが、「普通は2年ごとの機種変が一般的なところ、今回は4年ぶりだしね!いや、そもそも2年前に機種変しなかったのは、今回Apple Watch Series 4を買うためだったのでは!」などと、まことに都合のよい脳内変換を行ってみました。

ちょうどドコモからiPhone XS / XS Maxへの機種変更を1万円割引くハガキが来たことも大きかったです。それと購入するiPhone XS Maxを512GBから256GBモデルにすることで折り合いをつけた感じです。

そんなこんなでApple Watch Series 4の予約開始日である9月14日を迎えたわけですが、ここで大きな壁にぶち当たりました。

それはApple Watch Series 4のどのモデルを買えばよいのか?という問題です。

購入ページを開くとズラリと並ぶラインナップ。。。

種類が多すぎだブ〜!ページをスクロールしてると目が回っちゃうブ〜。

でもそれだけ細かいニーズに対応できるってことだよねっ!

Apple Watch Series 4 購入の組み合わせは実に64通り!

知りませんでした。Apple Watchにこんなに種類があったなんて。。。

ケースの大きさやバンドの種類、SIMを使うかといった組み合わせを選ぶ必要があるんですね。

大まかに分類すると次のような感じです。

ケースのサイズ

  • 40mm (手首が130〜200mmの人にフィット)
  • 44mm(手首が140〜210mmの人にフィット)

ケースのカラー

  • シルバー
  • ゴールド (新色)
  • スペースグレイ

ケースの素材

  • アルミニウム (つや消し)
  • ステンレススチール (ピカピカ GPS + CELLULARモデルのみ)

バンドタイプ

  • スポーツバンド
  • スポーツループ
  • ミラネーゼループ (GPS + CELLULARモデルのみ)

モデル(ブランド)

  • Apple Watch
  • Apple Watch Nike+
  • Apple Watch Hermès

携帯電話ネットワーク接続

  • GPSモデル
  • GPS + CELLULARモデル

と、まぁこんな感じです。多いですね。。。

ちなみに上記全てを自由に組み合わせできるわけではなく、一部では組み合わせが制限されます。ステンレススチールのケースは「GPS + CELLULARモデルのみ」といった感じですね。

この組み合わせ可能なパターンが64通りもあるのです。こりゃ迷いますよね。。。

え〜と、ケースが3種類あって〜、、、

いや、クマよ。初っ端からすでに間違っておるぞ!

悩み抜いた結果、このモデルを購入!

実際に迷ったのは、ケースの大きさとバンドの種類。

旧モデルを知らないので、大きさの感覚やバンドの素材などピンと来ません。

ここはネット上で先人たちの記録を拝見しつつ選ぶことに。

(まぁ、発売されてからアップルストアの実店舗に行って現物を見てから買うのが理想でしょうが、発売日に買うことを優先して冒険をしてしまいました。。。)

結局、”ききはこ”が購入したのはこのモデルです。

Apple Watch スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループの画像
  • ケースのサイズ : 44mm
  • ケースのカラー : スペースグレイ
  • ケースの素材 : アルミニウム
  • バンドタイプ : スポーツループ
  • ブランド : Apple Watch
  • 携帯電話ネットワーク接続 : なし(GPSモデル)

という感じ。

結局、無難なApple Watch Series 4の標準的なモデルですね。お値段は48,800円(税別)。

選んだポイントとしては、まずは大きい方が使いやすそうなのでケースは44mm。ケースの素材は落ち着いたつや消しのアルミニウムに(と言ってもGPSモデルはアルミニウムのみ)。そして一番迷ったバンドは軽そうなスポーツループバンドにしました。

その他の色やCELLULARの有無、ブランドについては、実質これ一択という感じで即決でした。

バランスの良い選択だペン!

Apple Watch Series 4がやってきた!

予約開始日である9月14日に予約をすることができ、無事に発売日である9月21日に注文したApple Watch Series 4が届きました。

ケースや内容物はこんな感じです。

外箱。ちょっと飛んでいますがアップルロゴと「WATCH」の刻印があります。

バンドとなる「ブラックスポーツループ」。軽い!

本体ケース。保護用のカバーがかかっていますね。

5V1Aのアダプタと、ワイヤレス充電用のアタッチメント。

Apple Watchはワイヤレス充電が可能なのじゃ!

本体の内側にマグネットでピタって貼り付けると充電されるんだよ〜。

Apple Watch Series 4の重さとつけ心地!

時計で重要なのはサイズや重さ、そしてつけ心地。

ということで、まずは重さを計測してみました。

まずは本体ケースのみで36g。軽っ!う〜む驚きの軽さです。

次にブラックスポーツループで9g。こちらも軽い!10gを切ってしまうなんて!

本体+バンドで45g。44mmモデルですらこの軽さとは。。。

かる〜い。ヒヨコの重さの半分ぐらいだピヨ〜。

え〜と、クマの重さの1万分の1ぐらいの重さだクマ〜。

Apple Watch Series 4のつけ心地は?

そんなこんなで初期設定を終えて実際にApple Watch Series 4を装着してみた感想なのですが、単刀直入に申し上げますと、、、

最高!

の一言に尽きるのでありました。

まず一番びっくりなのが本体の軽さ。”ききはこ”が今まで使ってきたCASIOのプロトレック(トップ画像にあるやつ)は64〜92gだったので、Apple Watchの45gと比べるとその差は歴然です。

ケースのデザインも適度に丸みを帯びているので装着感も良く、全く邪魔になることがありません。

そしてブラックスポーツループバンドもつけ心地良好。

マジックテープでの固定は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、穴あきバンドに比べ細かく調整ができますから、その時々の腕の状態にピッタリとフィットさせることができます。

モデルの組み合わせでは色々と悩みましたが、ベストな選択ができてしまったのではないでしょうか!

選択に失敗していたら泣くに泣けんからよかったのう。

よかったブ〜!

まとめ

ここまでApple Watch Series 4の購入から装着までをご説明してきましたが如何でしたでしょうか。

まだまだ書きたいことがたくさんあるのです。インターフェイスのデザインや、プロトレックとの比較、そして実際に様々な機能を使った感想などなど。

今回は記事の長さの都合上ここまでとなりますが、次回以降はその辺りに触れていきたいと思います。

それではみなさん、今日もよい1日を!

次回をお楽しみに!

ad


ad


-Apple Watch, スマホ・タブレット

Copyright© ききはこ。 , 2019 AllRights Reserved.